花雷 日記

夏は、花火を追いかけています。週末は、子供の頃から好きだった歴史的遺産を散策しています。デジカメ持って散策しています。同業者の方が結構いるので、お・ど・ろ・きです。
<< 葛西城跡 | main | ひたちなか海浜公園 大草原の花火と音楽 その1 2010.9.18 >>
青砥神社例大祭4年に一度 2010.912  


この辺りは15世紀半ばに関東管領扇谷上杉氏が、中川を天然の水堀として利用し、近くに船着場を備えた平城として築城しました。葛西城跡に近く、「青戸」という地名の由来は、「戸」は川の岸辺で渡れる場所という意味にも使われる事から、中世より「青戸」と呼ばれていたようです。
旧称 三社明神で、隣接する旧別当の両鎮山観音寺が天正4年(1576)の創建で、明治5年(1872)社名を白髭神社と改め、 昭和18年(1943)青砥神社と改称しました。






安政年間の製造とのことですし、めったに渡御をしない神輿だそうです。


安政年間に製造された神輿との事です。





















 










| 花雷 | | 12:39 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
青砥神社
| 青砥神社 | 2020/01/26 12:10 PM |
大工原里美、大石芽依
| 大石芽依、白戸彩花 | 2020/01/26 12:12 PM |
蒲池静恵
| 永井麻央 | 2020/01/26 12:12 PM |









トラックバック機能は終了しました。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Javascript
+ aaa
+ ss
+ s
+ ok
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE