花雷 日記

夏は、花火を追いかけています。週末は、子供の頃から好きだった歴史的遺産を散策しています。デジカメ持って散策しています。同業者の方が結構いるので、お・ど・ろ・きです。
<< 春日部 やじま橋と古隅田公園 | main | 春日部 藤塚香取神社 >>
春日部 小渕山観音院
小渕山観音院は、正嘉2年(1258年)に開基と伝えられる古刹で、新編武蔵風土記の小渕村、観音院の項に「本山派修験、京都聖護院末、安永2年(1773)正年行事職を許さる。
小渕山観音院正賢寺と号す。本尊正観音、応永二年(1369)住持玄通が書し縁起有に拠ば、古き像なるべし。中興開山は尊慶と云、年代を知らず。」と記されている由緒ある寺院です。


この寺は、この地方の観音信仰の霊場としても有名で、家内安全、商売繁盛のほか、いぼ、こぶ、あざにご利益があるといわれている。毎年八月十日には、この日参拝すると四萬六千日分のご利益が授けられると言われる四萬六千日祭があり、県内の山伏が参集して護摩修行を行い、近隣の善男善女が枝豆を奉納し参拝する祭礼があります。

また、三月には、かつて馬寄せ祭があり、農耕に従事した牛馬がいろいろな飾りをつて安全を祈願する祭りがあった。本堂内には、木造の白馬が安置されています。

本尊「正観音像」には、その昔、洪水でこの地に流れ着き、一度はもとの寺へ戻したが、その後洪水でまたもこの寺に漂着したのでお堂を建てて安置したものといわれる伝説があります。

現存では春日部市で唯一の修験道寺院。

春日部市の有形文化財に指定(昭和47年5月16日)された仁王門は元禄年間(1688年〜1704年)に建てられたもので、二階部分に回廊が巡る三間一戸形式の楼門です。































| 花雷 | 寺社仏閣 | 08:52 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
観音院所蔵で、埼玉県指定有形文化財の「円空仏」について、8年ぶりの御開帳が観音院で開催されます。
聖観世音菩薩像、不動明王像、毘沙門天像、役行者像、蔵王権現像、徳夜叉明神象、護法大善像の計7躯です。特筆するのは、円空仏の中でも最大級の大きさである「聖観世音菩薩立像」(194僉砲筺国内唯一の「蔵王権現立像」など。また、7体と言う数も一つの寺院で所蔵しているのはあまり例がないとのことです。
開催は5月3日(土)〜5日(日)10:00〜16:00です。
| 尾花冬樹 | 2014/04/29 2:32 PM |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Javascript
+ aaa
+ ss
+ s
+ ok
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE